>

教室を開いてみよう

人に教えることを仕事にする

教室を開いて、技術を人に教える仕事を開始しても良いと思います。
それなら自分1人で起業できるので、従業員を雇う必要はありません。
従業員がいれば、給料を支払わなければいけません。
最初のころは収入が少ないかもしれないので、給料を支払っていると自分の手元に残るお金がなくなってしまいます。
できれば、1人で起業できる方法を選択してください。

得意なことだったら、何でも良いですね。
ダンスでも良いですし、手先が器用な人ならハンドメイド作品を作る教室もおすすめです。
最近は手芸に夢中になる人が多いので、教室を開けばたくさんの人が参加してくれるでしょう。
生徒が増えれば、収入も増える仕組みです。
頑張って教室を経営しましょう。

レンタルオフィスを使う

自宅で教室を開けるほどのスペースがなかったら、レンタルオフィスを使うのがおすすめです。
ダンス用のレンタルオフィスもあり、そこなら鏡が備わっているので踊りやすいと思います。
生徒が増えてきたのに、狭い場所ではケガをしてしまう恐れがあります。
生徒数に応じて、教室の広さを変えてください。

レンタルオフィスなら、1000円前後で借りることができます。
起業する時の費用が少ない人でも、そのぐらいなら出せるでしょう。
ハンドメイド作品の教室を開く際はテーブルやイス、ホワイトボードなどが必要です。
レンタルオフィスは最初からそれらが用意されているところが多く、気軽に開始できる面が嬉しいですね。
備わっている小物は自由に使用できます。


この記事をシェアする